前へ
次へ
 

新婚直後から冷たくなった妻の浮気調査

新婚直後から、妻が浮気をしているのではといった疑いがありました。

結婚前は仲が良かった私たちなのですが、結婚後は妻は寝室を別にし、新婚だというのに夫婦生活が無くなり、共働きを理由に旦那である私には料理を作ってくれず、夫婦というよりも単にルームシェアしている同居人のようになってしまいました。

休日に外出に誘っても断られ、一人でどこかへ遊びに行っているようでした。

一人で旅行に行ってくる、と告げられ家を数日空けられた事もあります。

私の収入は人並みであり、お金目当ての結婚でも無いようでしたし、妻はどうして私にそっけないのか、と考えると浮気、との可能性しかありませんでした。

結婚直後にスリルを求めて浮気にはまったのだろうか、私との夫婦生活に満足が行かなかったのだろうか、と悩んだ末に探偵に相談をしました。

妻が浮気をしているかもしれない、と一人で行動したがる妻について話すと、探偵さんも浮気をしている方向で調査を始めてくれました。

妻は携帯電話による交流も盛んであるようで、メールや電話を頻繁にしているのですが聞いても女友達、としか答えませんでした。

もし浮気をされていたとしても、妻には未練たらたらの自分、離婚できるかどうかは分かりませんでしたがとりあえず事実を知りたい、と思いました。

休日の調査

妻の仕事が休日である日に、「買い物にでもいかないか」と誘いましたが、「休日はエステに行きたいから」と断られ、この日かなと睨みました。

当日、探偵には尾行調査を行なってもらいましたが、案の定、妻はエステには行かずに若い男性とホテルに入って行きました。

若い男性とはスーパーの駐車場で落ち合い、スーパーで買い物をしてから男性の車でホテルに向かいました。

朝の11時にホテルに入った妻、そのまま19時まで出てこず、自宅に帰宅をしたのは20時でした。

ホテル内では男女の仲を楽しむべくゆっくり過ごしたのだろう、と推測するまでもありません。

男性の身元を調べてもらいましたが、なんと妻の勤め先の同僚でした。

私達が結婚をする前から交際が続いており、男性側が既婚者であるために、世間体のために私との結婚に妥協をしたようでした。

妻への愛情はすっかり冷め、男性と妻からは慰謝料を貰って別れました。

男性側の家庭も浮気が判明したために離婚をし、その後妻と再婚をしたようですが、浮気者同士が結婚をした結果、またしてもどちらか一方が浮気を続けた挙句に離婚をしたそうです。

Page Top