前へ
次へ
 

探偵事務所の浮気調査は証拠を揃えて確認することができる

探偵事務所に調査を依頼するのは、自分で調べることが難しいと思ったり、調べていることを家族や知人に知られないときが多くなります。 知られたくないケースでもっとも多い依頼は浮気調査です。夫や妻の浮気の調査は、対象者はもちろんのこと子どもなど家族にも知られたくないと思うのは当然のことかもしれません。 浮気調査は、事実を確認して済むような話ではなく、その後の相手の対応次第では離婚に向けて様々な解決を求める時の拠りどころとなる証拠でなければいけません。いわゆる「動かぬ証拠」を突きつけただけでは解決に至らないことが大半ですから、慎重に調査を行い気づかれないように証拠を集めることになります。 探偵事務所ではパートナーの浮気調査は、まず面談によってその内容を聴き取りします。 ですからテレビドラマのように一度も逢わずにメールや電話のやり取りだけで調査開始になることはありません。まずは探偵事務所にアポをとり面談することから始めます。 面談では、なぜ浮気に気が付いたのかを知らせることも重要ですが必要なことはあくまでも事実です。ここで必要なのは、パートナーの氏名・年齢・仕事先・顔写真・車のナンバー・携帯電話番号など間違いのない情報です。 次いで必要な情報は出勤日に浮気をしているのであれば、その日程とおよその時間を割り出します。夫であれば自宅を出てから帰宅するまで、妻であれば家族が外出してから帰宅するまでとなります。

探偵の見積もりとは

この情報をもとに見積額を出します。そう、探偵事務所は規定の料金がありますので、調査にかかる概算額をここで明示し、納得して契約することになります。契約が終わればお金を支払い調査開始となります。 ここで初めてパートナーの浮気状況などの説明をすることになり、特定の浮気相手が 分っているようでしたらそれも知らせることになります。ちなみに探偵業は公安委員会っから認可を貰っている法令順守の職業ですから、ダーティーな探偵ドラマのような活躍はしません。あくまでも法律を守って調査をする「順法主義」が義務づけられています。 数日後、指定された調査対象者の浮気調査が終了し、一冊のファイルで報告を受けることになります。この資料は合法的なものですから、訴訟に有効な証拠として活用できるものです。決して盗撮や盗聴などの違法な証拠集めをしたものではありませんので、安心して次のステップに進むことができます。 探偵事務所に浮気調査を依頼する場合には「最悪の状態」を覚悟し、「事実を知りたい」というだけではなく、しっかりした証拠をつかんでもらうことが大切です。

Page Top