前へ
次へ
 

多くの探偵が2名である理由

調査員は何名必要?

浮気調査や素行調査の相談をした時、尾行の調査契約は「探偵(調査員)2名必要」と言われ、 思っていた料金の2倍かかってしまう、と思ってしまうケースがよくあるのではないでしょうか?
なぜ1名でやってくれないのか、そちらの方が料金が安くて済むのに・・・と。

探偵2名の理由を、建物の中にいる対象者を外で待ち構える、いわゆる「張り込み」をする例を挙げて説明してみます。
建物には裏表に出入口が1つずつ、合計2つあり、尾行の対象者はどちらを使用して出てくるかはわかりません。
裏表のため同時に見ることもできず、かといって建物内にも入れず中で張り込むことはできない状況です。
対象者が建物から出てくるのを確実におさえるにはどうすればよいか?

単純ですが、2名の探偵で2つの手口をおさえるのが答えです。
尾行する上でこのような状況になるケースは非常に多く、 具体的には対象者の「自宅マンション」「勤務先」が挙げられます。

なぜ2名なのか?

また、自宅マンション・勤務先とも尾行の開始場所となることが非常に多い場所であり、 どちらから出るかわからないのに1人で調査を行うのは、プロの視点で見ればいきなりの失敗リスクが高いことが明白なのです。

また、浮気の重要な証拠となるラブホテルでも出口が2ヶ所ということがあります。
せっかく対象者と浮気相手がラブホテルに入っても、出るところを1名では確実におさえることはできなくなります。

こういったケースが尾行中にも頻繁にある以上、探偵2名からというのはそれなりの妥当性はあるわけです。
2名の調査員がいれば1名に比べて他の様々なケースにも対応が効くようになり、調査によって得られる結果も異なってきます。

仮に探偵1名で受けてもらって料金が安く済んだ、と思っても、 調査が失敗ばかりだったり、浮気の証拠などの望む結果が得られないのでは、調査の頼みがいがないというものではないでしょうか。

また、必要な調査人員は相談案件の内容や状況によって異なり、3名以上の調査員が必要と判断されることもあります。

かといって、どんな相談案件でも「調査員5~6名必要」「調査員を入れ替わりで6名使います」 「調査員6~7名なので絶対失敗しません」などと言い、高額な料金設定をしてくる探偵事務所もありますので注意が必要です。

 

Page Top