前へ
次へ
 

東京の探偵事務所の分布傾向

探偵業界において最も名前の知られている業界団体「一般社団法人東京都調査業協会」によれば、 72社の探偵事務所が同団体会員として登録されています。
会員となっている探偵事務所の所在地は以下の通りです。

<東京23区>

千代田区 11社 中央区 2社
港区 6社 足立区 4社
荒川区 1社 江戸川区 1社
葛飾区 3社 江東区 1社
墨田区 0社 台東区 1社
新宿区 14社 杉並区 2社
中野区 2社 渋谷区 4社
世田谷区 0社 品川区 3社
目黒区 2社 大田区 0社
板橋区 0社 北区 1社
豊島区 7社 練馬区 0社
文京区 1社 - -

<23区外>
八王子市 1社 立川市 1社
東村山市 1社 福生市 1社
町田市 1社 - -

行政処分の内訳

適正に業務を行っていない探偵業者は行政処分を下されることがあります。
立ち入り検査等、東京都内の探偵業者の取り締まりを行っている警視庁のHPによれば、 過去3年間で合計24社が行政処分を受けています。
行政処分を受けた場合は主に営業停止命令が下され、場合によっては廃止命令となります。

処分理由の内訳は以下の通りです。

①探偵業を開業する資格のない者による営業
1社

②契約・重要事項説明における書面の不備、交付義務違反
19社

③軽犯罪法・探偵業法違反(人の平穏の侵害)
2社

④探偵業法違反(資格のない者への業務委託)
2社

最も多い処分理由は、契約もしくは重要事項説明に関する書面の不備、依頼者への不交付です。
これに事務所に従業員名簿の不備が加わるケースもあります。
他に見られたケースでは、探偵業の届出をしていない者に業務(依頼)を委託したケース、 調査中に対象者の平穏を侵害したケース、 探偵業を開業するにあたり欠格事由(暴力団員である等)のある者が営業をしていたケースがあります。

Page Top